Softbank AXA HOUSING ATTEND NIIGATA ハウジングアテンド新潟 Re-mail メガファイル便

バックナンバー

アテンド ダルメシアン自動車メール

2018年4月号

かわら版


*.。+o○*.。+o●*.。+o○*メールマガジンもくじo○*.。+o●*.。+o○*.。+o
暖かい日が続き、すっかり寒さを忘れてしまうようになりました。あれだけ積もった雪も姿が消え、桜の開花が待ち遠しく思えます。
ようやく過ごしやすい季節が来たのかと思えばマスク姿の人が多く、過ごしやすい季節の貴重さを感じる今日この頃です。
4月のメルマガは以下の3記事になります。

・月額1,000円のSSLサービスが始まりました。
・今年のエイプリルフールもGoogleで楽しみましょう
・対話型AI「罵倒少女」で罵倒されてみる



★☆ 月額1,000円のSSLサービスが始まりました。 ☆★
Google社が2018年7月リリース予定のブラウザ「Chrome68」ですべてのHTTPサイトで「保護されていません」と表示することを発表してから、ホームページの全ページHTTPS化がさらに進むと思われます。
必須となるSSL証明書の有効期間は年々短縮されてしまい、今は最長で2年の有効期限を持つ証明書しか購入できません。2年に1回は証明書を購入して更新するなんて…。自動車だって最初の車検は3年なのに困ったものです。とはいえ大事なブランドや事業を紹介するウェブサイトの左上に「保護されていません」と表示されるのも困ったものですよね。
そこで!!アテンド提供のレンタルサーバーご利用のお客様向けに「月額1,000円で利用できるSSL」サービスを開始しました!

このSSLサービスの特徴は月額1,000円で
・証明書の購入不要
・自動更新で更新時の費用も不要

と、お申込みいただければ、面倒なく利用できるように考えています。すでに公開されているウェブサイトに適用する場合は、既存ページに含まれているHTTPSではないリンク等の修正が必要になりますので、作業費用は別途承ります。
ひとまず近々のChromeの警告に対応したい場合や、ショッピングサイトではないがお問い合わせフォームなどのお客様情報の項目を持つサイトなどにおいては最適です。
ウェブサイト自体の改ざんやなりすましの防止、検索順位への優位性、信頼性の向上などメリットは多くありますが、更新や費用などでどうしようかと悩まれていたのであればぜひ!
詳しくは担当営業までお気軽にお問い合わせください。



★☆ 今年のエイプリルフールもGoogleで楽しみましょう☆★
毎年エイプリルフールにさまざまに凝ったジョークネタを公開するGoogle社ですが、今年のエイプリルフールでは、
・GoogleMap上で遊べる「ウォーリーを探せ!」
・新しいタイプの手書き入力「Gboard物理手書きバージョン」
の二つを公開しました。

GoogleMapを開くと画面左側にウォーリーが手を上げているので気づかれた方も多いと思います。ウォーリーをクリックすると世界中を舞台に「ウォーリーを探せ」がプレイできますよ。ウォーリーとその仲間たちを見つけたらクリックすることでカウントされます。間違えてクリックしても「これは間違えても仕方ありません」などのようにコメントが表示されます。5人の旅の仲間たちのすべてかいずれかを見つけると、次のレベルに進むことができますが、1週間の公開とのことですのですべて制覇したい方は早めにがんばりましょう。

そしていつもの入力もの、今年GBoard物理手書きバージョンと、利用しているキーボードが手書きで使えるようになるという斬新な発想!書き方は人それぞれなので、それなりにビッグな筆跡データをもとに機械学習、どんなふうに書いてもだいたい読み取ることができるそうです。また、仕様やGitHubで設計書の公開、そして「さっそく試す」など、毎年毎年ですが本当に良く作られていると感心するばかりです。
入力ものだけでもこれだけ公開してきました。
日本語入力キーボード ドラムセットバージョン
日本語入力モールス版キーボード
日本語入力パタパタバージョン
日本語入力マジックハンドバージョン
日本語入力ピロピロバージョン
日本語入力物理フリックバージョン
日本語入力プチプチバージョン

「さっそく試す」でキーボードをガチャガチャとなぞってみると(それなりに)文字がしっかりと入力できて楽しめますよ!
物理手書きバージョンで入力した文字はしっかりと他で使えるようにコピーボタンも用意されてます。
本当に商品化されたことはない(とも思いますが)ですが、入力が効率的にならなくても欲しくなりますね。



★☆ 対話型AI「罵倒少女」で罵倒されてみる ☆★
巷はあちこちでAI(人工知能)ブームのようで、様々な商品やサービスにAIが利用されてより便利になってきていますが、変わったAIを試してみたいのであれば、ソニー・ミュージックエンタテインメントと丸井グループが公開したウェブサービス「罵倒少女:素子」をお試しください。
罵倒少女:素子はこちらから
ソニー・ミュージックエンタテインメントが開発するAIで少女キャラクターとチャットが楽しめるのですが、返信がいちいち罵倒されるのでいちいち凹みます。
例えば「おーい」と入力すると「いつ、誰が、私に話しかけることを許した?」と返ってきます。これだけですでに凹みます。
罵倒されるのがご趣味の方はかなり期待できるサービスですが… 私は無理でした…。